41歳のブランド買取店経営者の方とは、かなり長時間お話する感じでした。
なぜ私がパトロンを求めているのか、その部分が気になったようでした。
今の職場には納得がいかないこと、自分のジュエリーデザイナー経験を活かしてみたいことなど、誠心誠意伝えていくことになりました。
「一度直接話してみないか?その時3万円を支払う」という条件を出してきたのです。
パパ活のような感じだけど、それでももしかしたらサポートしてもらえる可能性もあります。
それに、食事で3万円というのは大きな金額です。
誘われたので待ち合わせすることを決めました。
この瞬間ですが、かなり心臓がバクバクしてしまっていました。
やっぱり怖い気持ちも少しはあります。
でも将来的な部分を考えると、思い切って会わなければいけないなって気持ちでした。

 

 日取りを決めて数日後に待ち合わせすることになりました。
パトロンになってくれるかもしれない方にレストランに連れて行かれました。
「そんなに緊張しないでくれ。こちらまで緊張してしまうよ(笑)」
とても気さくな雰囲気の方だったから安心できました。
「好きなものを注文していたらね。お酒も飲むかな?」
そう言ってワインで乾杯することになったのです。
連れて行かれたレストランの料理もとっても美味しくて、待ち合わせして良かったなって思いながら、箸をすすめていきました。
食事をしながらも夢を語ることができたし、何となく気分が良いなって感じていました。
初日は1時間ちょっとの拘束で解放されました。
この短時間で3万円というのは、すごい値段ですね。
「良かったら来週も一緒に食事をしてもらえるかな?なんなら車で迎えに行くよ」
お誘いを断る必要は全くありません。
「はい、ぜひお付き合いしたいと思います」
私が答えると、チャーミングな笑顔を返してくれました。
もしかしたら、この方からお金をもらう事できるのでは?という直感が働きました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パトロン募集サイトBEST5
パトロン探しの達人に教わったサイト